×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の喜ぶ遊びを集めました。

王様じゃんけん競争

遊び方

この子供の遊びの人数は多いほうがいいです。全員を5〜6人ぐらいのチームに分けます。チームに1人王様を決めます。他の子供は平民です。そして王様を先頭に並びます。そのとき王様は振り返って平民の方向を向き、10メートルぐらい距離をとります。これで準備完了です。さぁゲーム開始。

ヨーイドンで平民の先頭が王様のところへ走ります。そこで王様にお辞儀をしてからじゃんけんをします。負けたらもう一度平民のほうに戻り、平民の2番目の人にタッチをし、また王様のとことまでいきます。これを勝つまで繰り返します。王様に勝ったら平民の並んでいる方に走って帰り、平民の2番目の人とタッチをして、平民の1番後ろに並びます。2番目の人も最初の人と同じようにします。これを繰り返し、平民が1周回るのが早かったチームが優勝です。

 

注意

王様も平民と同じチームです。同じ手(グーだけなど)を出し続けるなどの反則はやめましょう。

ならんでイエーイ!

遊び方

1チーム5人〜10人のグループに分けましょう。そのグループで一列にならびます。このとき順番は関係ありません。これで準備完了です。さぁゲーム開始。

リーダー(先生でもいい)の掛け声にあわせた順番に並びかわりましょう。たとえば「誕生日が早い者順」とすると、いっせいに誕生日の早い順番に並び替えます。並び替えが終わったら「イエーイ」とみんなで声を出しましょう。並び替えが早いチームが勝ちです。掛け声は何でもOKです。もっと例を載せておきましょ。「背の高い順」「出席番号順」などです。この掛け声を考えるのもおもしろいと思います。

 

注意

「イエーイ」と声を出してから順番を変えるのは反則です。絶対しないようにしましょう。

震源地探し

遊び方

まず鬼を決めて、それ以外の人は鬼を中心にして円を作ります。鬼になった子供は少しの間目をつぶります。その間に震源地になる人を決めます。震源地になる人を決めたら、鬼は目をあけます。これで準備完了です。さぁゲーム開始。

鬼以外は震源地が誰か分からないように震源地の行動(手や足を上げましょう)を真似します。震源地の真似をしているわけですから、震源地が1番最初に動いているはずです。鬼はその1番最初に動いている震源地を見つけましょう。何回目で分かったか数えポイントをつけるという遊び方も面白いかもしれません。

 

注意

鬼が震源地を見るけるチャンスを作るために、震源地はどんどん動きましょう。そのスリルも遊びの楽しさの1つです。

ステレオ遊び

遊び方

5人程度を4,5チーム作ります。そのうちの1チームを鬼として決めます。残りのチームで鬼に分からないようにキーワードを決めます。残りのチームが3チームなら3文字、4チームなら4文字のキーワードを決めます。鬼がAチーム、残りのチームがB、C、Dチームとしキーワードを「おはし」とします。そしてBが「お」、Cが「は」、Dが「し」というような感じで残りのチームで「お」「は」「し」の3文字をどのチームがどの文字かを割り当てます。そして、鬼チームを残りの3チームで囲います。これで準備完了です。さぁゲーム開始。

せーのの合図で各チームに与えられた文字を言います。先ほどの例のようにBが「お」、Cが「は」、Dが「し」ならばBは「お」、Cは「は」、Dは「し」と叫びます。鬼チームはこれらの文字を聞き分けて「おはし」というキーワードにたどり着けたら成功です。1回叫んだところで正解にたどり着けなければもう1度せいので叫びましょう。各チームが順に鬼になり、成功にたどり着くまでの回数が少ないチームが勝ちです。

 

注意

大きな声で叫べる場所でしましょう。キーワードは誰でも知ってる分かりやすい言葉にしましょう。

ゴロゴロドッスン

遊び方

要するものはボールです。人数は出来るだけ多く集めましょう。そして1人だけ鬼を決めます。その鬼を囲むようにして円を作りましょう。これで準備完了です。さぁゲーム開始。

せーの、の合図で鬼は目を閉じて「ごろごろ」と大きな声を繰り返しましょう。鬼以外はボールをどんどん横に回しましょう。逆に回したり、スピードを遅くしたり、早くしたりしても面白いですよ。鬼が「ごろごろ」と繰り返し、適当なところで「どっすん!」と大きな声で叫びましょう。そのときにボールを持っている子が負けです。もう一度するときは負けた子が鬼になりましょう。

 

注意

ボールを回すときに逆に回すことを繰り返して、同じ人ばかりがボールに触るのはなしです。みんなにいきわたるようにしましょう。ボールを複数個いれるのも面白いですよ。